いびき・睡眠時無呼吸症候群

いびき

いびきをかいているかたは呼吸している気道が塞がり空気の通りが悪く、呼吸が抑制さるため眠りが浅く、睡眠不足になります。
特に毎晩いびきをかいたり、いびきが一定時間とまり、大きなががっという音とともにいびきがまた始まるような状態は呼吸が止まっています。呼吸が止まっているときは注意が必要です。いびきは家族に迷惑をかけるばかりでなく、不正脈、心疾患、高血圧、動脈硬化等の生活習慣病、咽頭炎、風邪をひきやすい、免疫力低下など様々な病気を引き起こす原因となります。
また、いびきをかいていると睡眠の質が低下、つまり、深い睡眠が得られていないことになり、夜間トイレに起きる事が多く日中の眠気、集中力、活力、記憶力が低下して精神不安定でイライラしたりするようになります。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に呼吸が止まる病気です。

医学的には、「10秒以上気道の空気の流れが止まった状態」を無呼吸とし、無呼吸が一晩に30回以上、もしくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸となります。

この症候群は、単に呼吸が止まるだけでなく、心臓、脳、血管に負担をかけ、高血圧、脳卒中、狭心症、心筋梗塞などのリスクが高まるといわれています。

症状

睡眠時無呼吸の代表的な症状には以下のようなものがあります。

・寝ているとき

いびきをかく

いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかき始める

呼吸が止まる、乱れる

何度も目が覚める

・起きた時

熟睡感がない、すっきり起きられない

体が重いと感じる

・起きているとき

強い眠気がある

だるい、倦怠感がある

集中力が続かない

症状の問診や診察から、睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合は、睡眠の状態を検査します。

専門施設で入院検査をする場合もありますが、自宅で行う簡易的な検査を行うことが多いです。具体的には、寝るときに手や体に体内の酸素濃度や胸の動きを計測する装置をつけて呼吸の状態を検査します。

治療

・生活習慣の改善、減量

睡眠時無呼吸症候群の患者さんには肥満の方が多く、食生活の見直しや運動を取り入れるなど、生活習慣の見直しが大切です。喉の周辺に脂肪が蓄積されていると呼吸がしづらくなるため、そのような方は体重管理や減量をお勧めします。

・経鼻的持続的陽圧呼吸法:CPAP(シーパップ)

鼻にマスクをあて、そこから空気を送り出して、のどがふさがらないようにする治療です。

寝るときにマスクをあてバンドで固定するので、慣れるまで違和感はありますが、睡眠時無呼吸症候群の治療では最も有効とされています。慣れれば熟睡が得られるようになり、昼間の眠気の軽減にも効果があります。自宅に機会を設置し、月に1回通院をしていただき治療効果をみてまいります。

(写真?)

・マウスピース(口腔内装置)

睡眠中にのどがふさがらないように、口の中に装具を入れる治療方法です。装具は患者さん個人の口に合うように個別に作成します。

・外科的手術 扁桃腺が大きい場合、鼻づまりが強い場合などはそれが原因で睡眠時無呼吸が悪化している場合があります。具体的には扁桃腺摘出術、鼻中隔矯正術などを行います。診察上、手術による効果が高いと考えられた場合はお勧めすることもあります。