顔面神経麻痺

顔面神経麻痺

麻痺の原因としては、感染・腫瘍性・外傷性・血管性・中枢性の5つに大別されます。

感染性の場合は発疹の有無でラムゼイ・ハント症候群、ベル麻痺とさらに細分されます。
感染性の顔面神経麻痺の場合はヘルペスウイルスが原因として考えられます。
治療は抗炎症薬、抗ウイルス薬などの内服もしくは点滴治療が有効です。
一般に感染性顔面神経麻痺は発症後一週間以内に治療を開始することが重要です。