鼻・副鼻腔

歯性上顎洞炎

歯が原因の蓄膿症です。
根尖性歯周炎(歯の根の化膿)、歯周病などが上顎洞に波及した疾患です。
最近では歯科インプラント治療後の上顎洞炎が急増しています。
ひどくなると上顎洞炎だけではなく、篩骨洞、前頭洞にまで炎症が波及します。
当医院では、他医院におけるインプラント治療後の副鼻腔合併症の治療、内視鏡下副鼻腔開放手術を積極的に行っております。

くしゃみ

くしゃみは、鼻粘膜への刺激に対して起こる反射です。様々な要因で引き起こされ、下記のようなものが考えられます。風邪症状で、体内にウイルスが侵入すると、異物に反応してくしゃみが出ます。アレルギー性鼻炎では、花粉やハウスダスト、ダニ、ペットの毛などのアレルゲンに対する反応で起こります。寒冷刺激でも神経に作用して、くしゃみを起こします。

鼻水

鼻水は、水様性(さらさら)の鼻水と、膿性(どろどろ)の黄色い鼻水があります。水様性鼻漏は、感冒症状の鼻炎や、アレルギー性鼻炎が原因のことがあります。膿性鼻漏には、副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)が原因で起こることがあります。小児で、鼻内に異物を入れてしまい、膿性鼻漏が出ることもあります。どちらの場合でも、耳鼻咽喉科で診察をされることをお勧め致します。

鼻づまり

鼻づまりは、感冒による鼻炎やアレルギー性鼻炎副鼻腔炎などが原因で、鼻茸ができたり、膿性の鼻水が出たり、鼻の粘膜が腫れたりして起こります。片側の鼻づまりでは、鼻の中央の骨・軟骨である鼻中隔が曲がっていたり、まれにできものが認められることもあります。小児の場合では、アデノイドが鼻奥をふさいでいることもあります。鼻づまりの具合を調べる方法として、鼻腔通気度検査というものがあります。

鼻血

鼻の粘膜は毛細血管が多く、血管が傷つくと出血となり、鼻血が出ます。鼻炎や副鼻腔炎で鼻の入り口が傷つくと鼻血が出ることもあります。鼻の怪我やぶつけたときでも鼻血が出ることもあります。血圧が高いと血管が破れやすく、また、出血が止まりにくいことが多いです。しばしば、特に誘因なく鼻血が出ることもあります。また、鼻や副鼻腔の中にできものがあると鼻血を引き起こすことがあります。鼻血を繰り返す場合や、鼻血が止まらない場合は、処置が必要になりますので、耳鼻咽喉科で診察をされることをお勧め致します。

臭いがわからない

臭いの感覚に何らかの異常を起こす症状で、嗅覚障害と言われているものです。臭いは嗅裂という、鼻の上側の部分で感知しています。嗅覚障害の原因としては、感冒やインフルエンザなどの上気道のウィルス性疾患で臭いの神経にダメージを与えたり、鼻茸が臭いを感知する部分を邪魔したり、花粉症などの鼻炎で鼻の粘膜が膨らんだりすることが挙げられます。嗅覚障害の治療は、原因を除くことに加え、内服や点鼻による投薬での治療を行います。

蓄膿症

蓄膿症とは、副鼻腔炎のことを言います。副鼻腔とは、鼻の周りにある、加湿や加温などを司る空洞のことを言い、そこに炎症が起きると副鼻腔炎となります。炎症が原因で起こった膿や病的な粘膜が、鼻と副鼻腔をつなぐ穴から排泄できず溜まってしまうと慢性化し、慢性副鼻腔炎となります。治療としては、内服や点鼻による投薬での治療ですが、それで改善しない場合は、内視鏡を用いた手術を検討致しますので、早めに耳鼻咽喉科で診察をされることをお勧め致します。

鼻の奥が痛い

鼻痛のことを言い、原因として下記のような様々なものを考えます。鼻に中の乾燥が長く続くと鼻痛が起こることがあります。また、点鼻薬を常時使用することでも乾燥することがあり、注意が必要です。冷気でも鼻の中の血管が収縮して痛みを起こすこともあります。感冒やアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎でも起こりますが、鼻をかむことが多いと、粘膜に炎症が起こり、痛みを感じやすくなります。また、人によっては、鼻血が出る前に痛みが起こることもあります。上咽頭という、鼻の一番奥にある部分が炎症を起こす、上咽頭炎でも鼻の奥が痛くなることもあります。まれに、鼻の中に悪性腫瘍ができることで痛みが生じることもあります。気になる症状がある場合は、早めに耳鼻咽喉科で診察をされることをお勧め致します。

おでこのところが痛い

上にも説明しましたが、副鼻腔の中の一つで額の奥にある、前頭洞という空洞があります。その部分に蓄膿症が起きると前頭洞炎と言い、おでこのところが痛い、頭痛や頭が重い、発熱などの症状が出ることがあります。治療としては、鼻の処置や洗浄、ネブライザー療法、マクロライド系という鼻に効果の出やすい抗生物質や消炎剤の内服などがありますが、症状が続く場合は手術が必要となることもあります。