いびき

いびき

いびきをかいているかたは呼吸している気道が塞がり空気の通りが悪く、呼吸が抑制さるため眠りが浅く、睡眠不足になります。
特に毎晩いびきをかいたり、いびきが一定時間とまり、大きなががっという音とともにいびきがまた始まるような状態は呼吸が止まっています。呼吸が止まっているときは注意が必要です。いびきは家族に迷惑をかけるばかりでなく、不正脈、心疾患、高血圧、動脈硬化等の生活習慣病、咽頭炎、風邪をひきやすい、免疫力低下など様々な病気を引き起こす原因となります。
また、いびきをかいていると睡眠の質が低下、つまり、深い睡眠が得られていないことになり、夜間トイレに起きる事が多く日中の眠気、集中力、活力、記憶力が低下して精神不安定でイライラしたりするようになります。