鼻の症状

鼻の症状

鼻の症状

くしゃみ

くしゃみは、鼻粘膜への刺激に対して起こる反射です。
様々な要因で引き起こされ、下記のようなものが考えられます。
風邪症状で、体内にウイルスが侵入すると、異物に反応してくしゃみが出ます。
アレルギー性鼻炎では、花粉やハウスダスト、ダニ、ペットの毛などのアレルゲンに対する反応で起こります。
寒冷刺激でも神経に作用して、くしゃみを起こします。

鼻水

鼻水は、水様性(さらさら)の鼻水と、膿性(どろどろ)の黄色い鼻水があります。
水様性鼻漏は、感冒症状の鼻炎や、アレルギー性鼻炎が原因のことがあります。
膿性鼻漏には、副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)が原因で起こることがあります。
小児で、鼻内に異物を入れてしまい、膿性鼻漏が出ることもあります。
どちらの場合でも、耳鼻咽喉科で診察をされることをお勧めします。

鼻閉(びへい)

鼻づまりが続くと、単に鼻がつまって苦しいというだけでなく、においが分からなくなったり、口呼吸になるため、のどを痛めてかぜを引きやすくなったりします。
さらに、いびきや、集中力がなくなる、疲れやすいなどといった全身的な症状も伴い、小児の場合は学業や成長にも影響がでることがあります。
鼻づまりの原因はさまざまですが、多くは、かぜに伴う鼻炎、アレルギー性鼻炎、急性・慢性副鼻腔炎などによる鼻の粘膜の腫れや鼻茸(はなたけ)、粘った鼻汁などです。

小児の場合は、アデノイドが鼻を後ろ(上咽頭)からふさいでいる場合もあります。
片側だけに鼻づまりが強い場合は、鼻の左右を分ける鼻中隔が曲がっていたり(鼻中隔弯曲症)、ときには腫瘍が見つかることもあります。
鼻づまりの程度を客観的に調べるには鼻腔通気度検査を行います。
治療は、鼻の処置やネブライザーで粘膜の腫れをとり、原因に応じて投薬を行いますが、これらの治療で治りにくい場合は手術が必要となります。

鼻血が出る

鼻炎や副鼻腔炎のかゆみで、鼻の入り口を指でいじることで出血することがあります。
鼻血が繰り返されるような場合には処置が必要です。
鼻をかんだときに少量の血が混じる場合は、腫瘍ができている可能性があります。
鼻の粘膜は毛細血管が豊富で、その血管が傷つくと出血し鼻血となります。
外傷で鼻を何かにぶつけたときにも出血します。

しばしば、特に原因もなく出血することがあります。
血圧が高いと血管が破れやすく、出血しやすい傾向があります。

また、鼻内に上顎がんなどの腫瘍があると、鼻血を出すことがあります。
鼻血が続くときには一度耳鼻咽喉科医の診察を受けてください。

嗅覚障害

においの感覚に何らかの異常をきたす症状で「嗅覚異常」とも言われています。
嗅覚障害は風邪やインフルエンザなどの呼吸器系感染症や、花粉症など鼻炎・副鼻腔炎を原因として発生することがあります。
嗅覚障害の治療は、主に投薬による治療となります。

副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔とは、鼻の周囲にある加湿、加温などの機能をつかさどるトンネルや空洞です。
そこに炎症が起きる病気が副鼻腔炎です。
慢性の副鼻腔炎は、蓄膿症と呼ばれることもあります。
炎症により発生した膿が鼻腔から細い筒状のトンネル(自然孔)から排泄されずに溜まって慢性化します。

副鼻腔炎(蓄膿症)

一般的な治療方法は投薬治療ですが、投薬治療で改善しない場合は手術になることもありますので、早期の診断が重要です。

診療科目